合宿免許


合宿免許は通学免許に比べ、教習料金が低く設定されていることが多いです。そのため、免許取得にかかるコストをなるべく抑えたいと考えている方は合宿免許を選ぶとよいでしょう。合宿免許の料金が安い理由のひとつとしては、教習所側で授業のスケジュールをあらかじめ決めることができるという点が挙げられます。通学免許の場合ですと、教習生が自由に予約を取るのが一般的ですので、教習生の授業の予約や変更に臨機応変に対応できなければなりません。その場合、普段から従業の枠や教官を多めに配置しなければならず、教習所側の費用が多く掛かってしまいます。合宿免許の場合は、そのようなコストを削減できるので、比較的安く利用できるというわけなのです。

また、合宿免許の特徴として通学での免許取得に比べ短い期間で免許取得を行えるということがあります。合宿免許での普通車ATの最短卒業日数は13日から16日間です。必要な教習数は合宿免許でも通学免許でも公安委員会で定められた数をこなす必要がありますが、一日の中に規定の教習数を詰め込むことが出来る合宿のスタイルならではの最短での免許取得が可能となるのです。なるべく安く免許を取得したい、最短の日数での免許取得を希望しているという方は合宿免許がおすすめです。

参考サイト⇒合宿免許のメリットについて

通学免許

通学免許の場合、教習生が自分自身で次の教習の予約を取る予約制がほとんどで、自分の都合に応じてスケジュールを組むことができるというメリットがあります。通学に関しては、自宅付近からシャトルバスが出ているという場合を除けば、毎回の交通費は実費負担となりますが、学校や会社の帰りなどに寄れる場所に自動車学校があれば、むしろ通いやすいといえるでしょう。まとまった休みが取れず免許合宿への参加は難しいという方には自由度の高い通学免許は便利であると言えます。短期集中をあまり得意とせず、自分のペースにあわせてコツコツと免許取得に励みたい方には通学免許が適しているでしょう。

免許の取得までにかかる日数で言いますと、通学免許では教習所を卒業するまでにある程度の期間が必要となります。コツコツと週に4、5日通学することが可能でしたら一ヶ月程度での卒業も可能ですが、月に1、2回程度の通学ペースですと卒業まで数ヶ月を要します。通学免許はスケジュールに対する自由度が高い反面、しっかりと自分でスケジュールの管理を行わなければ免許取得までにかなりの日数を要してしまうという部分に気を付けましょう。教わったことをじっくり復習したい場合や、日常の空いた時間を利用して、ゆっくりと免許を取得したい場合にはまず問題はないでしょう。

合宿免許と通学免許


これから免許の取得を考えているが、合宿免許にするのか、それとも通学免許のほうがいいのか悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。免許の取得までに受講しなければならない教習数については公安委員会が定めているのでどちらも変わらないのですが、合宿での免許取得と通学での免許取得ではその費用や取得日数に大きな違いがあります。

合宿免許と通学免許それぞれにメリットとデメリットがあるので、それらを比較し、ご自身の状況にあったものを選ぶのが良いでしょう。例えば合宿免許の場合、免許取得にかかる日数は2週間程度で済んでしまいます。ですので、より早く免許の取得を行いたいという場合には合宿免許が向いていると言えます。一方、「2週間くらいで免許の取得ができるのは有難いけど、仕事があるため2週間まとめて休みを取るのは現実的ではない」という社会人の方もいらっしゃるでしょう。そのような場合にはスケジュールに融通の利く通学免許を選ぶと良いです。このようにメリットやデメリットだけでなく、どちらを選ぶかはご自身のライフスタイルで対応できるものを選ばないといけません。また、合宿免許と通学免許ではかかる費用も異なります。ご自身の予算に合わせた選び方も重要となってきます。当サイトでは、これから免許の取得を考えている方に向けて合宿免許、通学免許それぞれの特徴について役立つ情報をお伝え致します。どちらの免許取得のスタイルを選ぶのか、参考となりましたら幸いです。ぜひお役立て下さい。